40代 女性 老化

40代の美容液のおすすめは、たるみ・毛穴・シワ・くすみなどエイジングケアを中心とした美容液がおすすめです。20代の頃と同じ美容液を使用しても肌トラブルが起こり悩んでいるのでしたら、40代にすすめの美容液に変えてみてもいいのではないでしょうか?40代のおすすめ美容液で足りない成分をしっかり補給しましょう。
MENU

40代女性の顔たるみの現状

40代女性は自分の老化を感じることが増えてきます。
体型もかわり、疲れやすくなり、顔もくすんできたなど様々な場面で老化を感じることが多いのではないでしょうか。

 

中でも毎朝、毎晩見ている自分の顔が若い頃よりもハリもなくたるんできた、ほうれい線も目立ち凄く老化してきたと感じます。
実際に顔のたるみやクッキリほうれい線などの顔の線があると、5歳老けて見えるといいます。自分の周りでも、若いのに顔の線が目立ってしまっている女性がいます。やはり、顔の線は目立ちますよね。

 

そして加齢がすすみ50代になると、マリオネットラインのクッキリ線、フェイスラインのたるみとどんどん見た目の老化がすすみます。

 

顔たるみの原因として考えられるのは、肌のハリがなくなることです。
肌のハリがなくなる理由としては、加齢だとか、表情筋(表層筋、深層筋)の衰え、長年蓄積された老廃物などとなります。
ですから、スキンケア方法だけでなく生活習慣なども見直し、簡単な顔トレーニングなども必要となってきます。

顔たるみを引き起こす3つの大きな原因

肌のハリがなくなることでたるみやシワ・シミなどの症状も引き起こします。スキンケアの面から考えた顔たるみの一番の原因は加齢ではありますが、加齢だけではなく様々な要因が加わりハリをなくす原因となってしまっています。

 

筋肉の低下

加齢に伴い顔を作っている筋肉も退化します。そのため、皮膚がたるむという状況になります。すると顔の皮膚全体がたるんで、目の下や頬などたるんだ状態になってしまいます。

 

老廃物による低下

加齢やストレスなどにより水分や血液や老廃物がたまってしまいそれが停滞すると、顔にたるみができてしまいます。

 

乾燥によるハリの低下

紫外線や加齢は皮膚を乾燥させる大きな原因です。当たり前ですが、肌が乾燥すると、皮膚の組織自体が弾力やハリがなくなり、顔のたるみとなってしまいます。

 

習慣付けたいたるみケア

加齢に伴い誰もが同じようにたるみの原因を持ち合わせています。ですが、美魔女と呼ばれるくらい肌にハリがあり若々しく見える人もいれば、50代?60代?とも思えるような顔の線がクッキリした女性もいます。その違いは日々のケアにあります。美魔女とはいかなくても年相応に見える程度にはケアしていきたいものです。

 

筋肉の低下は鏡の前での百面相などで改善できます。夜のスキンケアのついでに、大きく口を開いたり笑ったり怒ったりと様々な表情をしてみるといいでしょう。また、あ・い・う・え・おと大きく口を開けて言うのも効果的だと言います。

 

そして、老廃物や乾燥は日々のスキンケアで改善していきます。時には顔に蒸しタオルをおいたりスキンケアしながらマッサージを行ったりしてきましょう。

 

女性のかおたるみは25歳から既に始まっているとも言われています。加齢とともに徐々にたるみを感じるようにもなってきます。40代女性は減少していく美容成分を補給していくことで生成するような美容液もおすすめです。今のスキンケアにプラスして美容液を使ってみる等も行っていくといいでしょう。

 

顔たるみを改善する生活習慣

顔たるみやほうれい線を改善するためのスキンケアは不可欠ですが、それだけでは補うことはできません。ですから、それなりのスキンケアをしつつ毎日の日常生活にも対策を取り入れていく必要があります。

 

「筋肉を動かす」習慣

顔の筋力低下の原因にデスクワークでの効率化もあげられます。PCの導入で仕事も効率よくなったのでしょうが、毎日PCに向かい無表情で仕事をしている時間が長くなっています。そのため、筋力の運動不足となりドンドン筋力低下に繋がります。ですから、顔の筋力を動かす習慣を付けましょう。

 

首や肩の凝り

長時間、PCの前での仕事で姿勢も悪くなりがちですし、肩や首も凝った状態となっていることも多いです。このコリは首の後ろから肩、肩甲骨となりがちです。コリにより血流が悪くなり老廃物も溜まりやすくなります。その影響は顔のたるみやほうれい線にも出てきてしまいます。仕事の合間に背筋を飛ばしたり腕を回したりとコリをほぐす習慣も付けるといいでしょう。

 

猫背の修正

デスクワークは猫背で行うと楽です。特に疲れているときは猫背になりやすいです。猫背の状態ですと顔はたるみやすくなりますし、ほうれい線も出やすいと言います。常に猫背にならないように意識できればいいのですが、徐々に猫背に注意して治していきましょう。

このページの先頭へ